振付師 チェ・ヨンジュン インタビュー

すっかりご無沙汰してます・・・(2回目)
PCが故障して、修理に出してる間またまたKポから遠ざかる状態に。
修理に出す前にちょっと下書きに保存してた文章をUPしました^^


ホシくんとの共同作業で知られている振付師 チェ・ヨンジュンさん。

asia.jpg

2月3日の10asiaにてヨンジュンさんのインタビューが掲載されてましたのでここでご紹介。
K Styleさんでロング・インタビューの翻訳を載せてくださってます。

以前は、振付けというと"いかにかっこよく"がテーマだったように思うけれど
(だからダンスアイドルグループはまとまりよくすっきり見える4〜5人が多かったのでは?)
最近は個性的なことが第1条件になってる気がします。
実際、振付けがカッコいいだけだと、ふ〜ん・・・ってどこかで思っちゃってますもんね。

大手は除き...
BAPの壮大なコンセプト+大掛かりなセット+ダイナミックな振付け、から
アイドルグループの振付けが変化してきたような気がしてて。
ホラーコンセプトのVIXXや
全員がパワフル&キレッキレのバンタン
懐かしさ&チアっぽい振りのヨチンが登場することで、
いわゆる普通のかっこよさ、普通のまとまり感では満腹感がない・・・
もっと!! もっと!!!
な欲張りなオーディエンスが増えてきてるんだと思う。(私もそれ)

そこに現れたのがヨンジュンさんが時代にピタッとハマったのかも。
インタビューにもあるように、
歌い手の個性を活かす
歌い手になりきって振付けを考える
ストーリー性重視

で振付けを考えてるんですもんね。

当初、デビュー曲と考えていたShining Diamondではなくて
急遽あっきんだをタイトル曲にしたプレディス代表は
去年の初旬の時点でそういう時代の流れを予測していたのかも。
もうかっこいいだけのパフォーマンスやってても注目されない、と。
あっきんだの振付けって、
パッと見、学園祭の出し物の延長のような振付けに見えるけど
よく見ると統制とれててまとまってる上に面白い。
見れば見るほど面白かったりするんですよね。
これが等身大のせぶちだし、
せぶちが一番キラッキラになれる曲なんだわー、と改めて思う。
結局、今も一番リピートするのはあっきんだですし。

去年中盤辺りからはカッコいい振付けがちょっと影を潜めて
個性的なもの、コミカルなもの、懐かしめのものが断然増えてますよね。
で、くなくんみたいな面白い振付も登場してきたり。
またこの流行が過ぎ去ったら新しいモノが作られていくんでしょうけど。
そんな流れを見つめるのも楽し♪

ヨンジュンさんがプロディース101のpart2に出演することが決定したみたいですね。
今よりももっと有名な振付師になったら、
(ホシくんとの)打ち合わせ風景とかをもっと見たり聞いたり出来るのかも!!
そして、ダンス共演とかもぜひ見てみたいなぁ〜。

まだまだヨンジュンさんについては調査中(検索下手なので時間もかかってる)でして、
ずっと無名のダンサーさんだったとは知らず。
ミヌに引っ張られてここまで来たんですね。
人の縁とは不思議なものだ・・・。


スポンサーサイト

意外なつながり [追記終了]

私のKポの入り口は神話。
ハマった頃はシナは7集活動を終え、しばらくオフの時期でした。
ですが、ちょうどその時期に「バトル神話」という番組をやってたんですね。
あの・・・有名な・・・スンリが出てた(笑)あのオーディション番組。
当時は夢中になってみましたし、
日本でのミッションライブがあった時に、代々木公園まで見に行きました〜。
初めてのKポイベ。
その番組でダンス指導してた2人のダンサーさんがいたのですが、
そのお二人がかっこよくてですね〜。
今でも一番印象に残っている大好きなダンサーさんなんですが・・・

そのお一人が意外な番組に登場してて、私は
ええええええええええ?!とTVの前で驚いてたんです。

その方はこの方。
そうなんです、せぶちプロジェクトep2で練習室で指導してた女性。彼女なんです。

bd.jpg
bd2.jpg

Read more...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。